だれでも知っている「車庫証明」ですが、愛知県警のホームページでは「自家用自動車の保管場所証明、軽自動車等の保管場所届出」という名称で呼ばれています。
「(車の)保管場所」=「車庫」というわけで、「車庫証明」といえば誰でも通じます。

引っ越しや自動車の購入の際に必要となる車庫証明ですが、そもそもどうして「車庫を証明」しないといけないのでしょうか?

車庫証明が必要なわけ

新しく車を買う人が「車の保管場所(車庫)」をもっていなかったとしたらどうでしょう?
家の周囲にものすごく広い空き地があって、どこにでも停められたらいいかもしれませんが(その土地の所有者にもよりますが)、住宅地や町中であれば、そうはいきません。

保管場所がきちんと決められていないと、路上駐車や迷惑駐車をしてしまうかもしれません。

そういった無責任な車の停め方を防ぐために、車を買う人には、「車の保管場所(車庫)」を証明してもらう必要があるのです。

車庫証明が必要な場合

車の購入の際に車庫証明が必要とお話しましたが、その他にも必要な場面を見てみましょう。

車庫証明が必要な時

  • 新車を買ったとき
  • 中古車を買ったときなど、名義変更の必要があるとき
  • 引っ越して、車庫が変わるとき

あてはまる場合は、忘れずに手続きしましょう。


車庫証明が必要無い地域

お住まいの地域によっては、そもそも車を買う時に車庫証明が必要無い地域もあります。
前述のように、車庫証明は路上駐車などの迷惑行為を未然に防ぐために決められた制度です。

停めるスペースがたくさんあって、誰にも迷惑かけないよというような地域であれば、わざわざ警察署に証明をだしてもらう必要がありません。

愛知県で車庫証明が必要無いのは以下の地域です。

愛知県で車庫証明が必要無い地域

  • 豊田市の旧小原村・旧下山村
  • 新城市の旧作手村
  • 設楽町の旧津具村
  • 豊根村


軽自動車の場合は車庫証明が必要となる地域が異なりますので、詳しくはこちらから
「実は罰則もあります!あまり知られていない軽自動車の保管場所届出」


車庫証明の申請条件

車庫が確保できれば、どこでもいいという訳ではありません。
車庫証明を申請するための条件がいくつかあります。

まずは、これを満たしているかどうか、確認してみてください。


車庫証明の申請条件

  1. 使用の本拠の位置(つまり居住地など)から2kmを超えないこと
  2. 駐車場、車庫、空き地等、道路以外の場所であること
  3. 自動車が通行できる道路から、支障なく出入させ、かつ、自動車の全体を収容できること
  4. 保管場所として使用できる権原を有していること


無事条件を満たしていたら、次は申請書類の準備です。

車庫証明の申請方法

それでは、具体的な申請方法を見てみましょう。

車庫証明の申請先

申請先は、車庫を管轄する警察署です。
お住まいの管轄先ではないので、注意が必要です。

必要書類

以下の書類をそろえましょう。
申請書類は愛知県警のホームページもしくは、当サイトよりダウンロードできます。

  1. 自動車保管場所証明申請書:正副各1通
  2. 保管場所標章交付申請書:正副各1通
  3. 所在図および配置図:1通
  4. 保管場所の使用権原書(以下のいずれか1通)
    • 保管場所使用権原疎明書面(自認書)・・・停める場所が自分の土地の場合
    • 保管場所使用承諾証明書・・・停める場所が他人の土地の場合
    • 駐車場賃貸借契約書の写し・・・承諾書の代用として提出


※その他の書類を求められる場合もあります。

手数料

合計2,700円です。(愛知県証紙による納付)

【内訳】
申請手数料 2,200円 + 標章交付手数料 500円

取得までの日数

車庫証明は大体、平日中2日かかります。

つまり、月曜申請→木曜受領、木曜申請→火曜受領といった具合です。
警察署によって多少異なりますので、お急ぎの場合は管轄警察署に確認してみましょう。

車庫証明の有効期限

車庫証明には有効期限があります。
愛知県の場合、交付から40日間です。
車庫証明は、車の名義変更等で必要な書類となりますので、交付から40日以内に名義変更等の手続きを行う必要があります。

お気軽にお問い合わせください。0587-50-9878受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日含む ]

お問い合わせ