車庫証明の申請書類の中で一番問題なのが「配置図」ではないでしょうか?
しかも配置図は省略ができません
コツさえつかめばそれほど難しくありませんので、あきらめて書いてしまいましょう。


配置図とは?

配置図は、車庫の詳細を明確に記し、車庫やその出入口等の寸法を申請するための書類です。
当たり前ですが、車の大きさより車庫や出入口の道路は大きい必要があります。

配置図に書くポイントは以下の点です。

配置図を書く時のポイント

  • 車庫の平面(たて、よこ)の寸法を記載する(高さ制限がある場合は、高さも記載)
     上図では、2.6m×5.2m
  • 出入口や接する道路の寸法を記載する
     上図では、出入口:7.5m、接する道路:5.6m
  • 複数の車がある駐車場の場合、駐車する番号を記載する
     上図では、No.1

配置図の記載方法

それでは、上記ポイントを踏まえて、実際に配置図を書いてみましょう。
以下の手順で進めると書きやすいですよ。

①おおまかな配置を書く

接する道路、駐車場の形、出入口などを手書きで書いてみましょう。
この際、北が上になるようにしましょう。

②長さを測る

ポイントで示した箇所の長さを測り、①の地図に書き込みましょう。
この時、車の大きさ(たて、よこ)より車庫の方が大きいことを確認しましょう。
※車止めまでで測ると、車庫の方が小さくなる場合があるので注意!

③清書する

配置図の様式に実際手書きしてみましょう。
鉛筆で下書きしてもいいと思います。
車庫の番号や出入口、方角なども書き込みましょう。

まとめ

配置図といっても、それほど精密な地図が求められる訳ではありません。
長さもメートル単位ですので、大きくちがわなければ問題ありません。

なるべく定規を使って、さきほど説明したポイントが分かりやすい図を心がけましょう。
また、小さすぎる図は読みづらいので、字の大きさも気を付けましょう。


【申請書のダウンロード】はこちらから