車庫として使う予定の場所が申請者ご自身の所有(単独)の場合、自認書を出す必要があります。
自分の土地や建物なのに、わざわざ「使っていいですよ」と許可を出すのは変な気がしますが、簡単な書類なので、書いてしまいましょう。

この書類は所有者ご本人が作成する必要があります。

①申請or届出?

今回の申請が車庫証明の場合は「証明申請」保管場所の届出(軽自動車など)の場合は「届出」を〇しましょう。

②土地or建物?

車庫として使う場所が土地か建物かを選びます。

建物を選ぶのは、例えば自宅の1階が駐車場、2階が住居などとして使っている場合です。
車庫が建物と一体になっている場合は、「建物」に〇します。

土地と建物の両方が自己所有の場合は、両方に〇します。

どちらを選ぶか(あるいは両方か)が分からない場合は、空欄にしておいて、警察署へ提出する際に聞いてみましょう。

③管轄警察署名

「警察署長殿」の前に、管轄の警察署名を記載します。

④申請者

車庫証明申請書と同じように、住所、氏名、電話番号、自認書作成日を記載しましょう。
自認書の日付は、車庫証明の申請日とは異なってもOKです。
実際に書類を記載した日付を書きましょう。

共有名義の場合

車庫が共有名義の場合、自認書の他に、「共有者全員の承諾書」が必要となります。
申請者以外の共有者の方には、使用承諾書に各自記入してもらい、一緒に提出しましょう。

例えば、車庫証明の申請者がご主人で、車庫の所有者が夫婦共有名義の場合を考えてみましょう。
その場合、以下の書類が必要となります。

・ご主人の自認書
・奥様の使用承諾書

【申請書のダウンロード】はこちらから