「出張封印」って何ですか??

「出張封印」とは、あまり聞いたことがない手続きだと思います。
私もずっと車に乗ってきましたが、この仕事を始めるまでは知りませんでした。。。
ここでは、あまり聞きなれない「出張封印」について、ご説明いたします!

「封印」とは何か?

まず、そもそも「封印」ってご存知でしょうか?

「封印」は普通自動車の後ろナンバープレートの左上にある銀色のキャップのことです。
上の写真でも、「東」と書かれた銀色の丸いキャップがついていますよね。

ちなみに、「東」は東京のことで、地域によりこの文字は異なります。

封印は、普通自動車には付いていますが、軽自動車には付いていません。
そのため、封印が必要なのは、普通自動車のみとなります。

この「封印」は一般の方が勝手につけることはできません。
引っ越しや、お車の買い替えなどで、自分で名義変更をしてナンバープレートを取り換えようとしても、封印だけは、専門の人に付けてもらう必要があります。

封印は盗難等の問題のため、法律で取り付けが義務付けられています。
取り付け場所も後ろナンバープレートの左上と限定されています。

「封印」を取り付けられる人

車のナンバープレートはドライバーがあれば、自分で古いものを取り外して、新しいものを取り付けられます。
しかし、普通自動車の「封印」に関しては、取り付けられる人が決まっています。

【封印取り付けができる4種類の人】

甲種陸運局の人
乙種新車ディーラー
丙種中古車ディーラー
丁種行政書士

2017年より、行政書士が封印業務をできることになりました。
しかも!行政書士が取り付けを行う場合、運輸局へお車を持ち込む必要がなく、ご自宅等へお伺いして封印ができる「出張封印」という制度が設けられています。

運輸局は平日しか開いていないため、自宅等で封印をやってもらえるのは非常に便利ですよね!

ただし、行政書士なら誰でもできる訳ではありません。
特定の研修を受けて登録している行政書士に限ります。
現在、愛知県では180名ほどが登録しているようです。

ご自宅等へ出張することが多いため、「出張封印」と呼んでいます。

お気軽にお問い合わせください。0587-50-9878受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日含む ]

お問い合わせ